おすすめ本はこちらをクリック→健康第一
 

PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ  at 

2017年05月04日

悩んだ末に産業医を選択した理由

どうやら産業医の情報は人気があるようですので、産業医のことを投稿します。




ピンコロ代表の忽那が、2年ぐらい専属産業医(常駐していてほぼ臨床からは離れる会社員生活)
および嘱託産業医(月に1回など定期的に会社に行くバイト的な産業医生活)をやってみた
経験から主観的な部分をまとめてみます。

産業医のメリット
1.健康な人を継続して把握できる
2.法律で決められているので病気の人がいなくなっても雇われる将来性(経験年数がモノを言うので早く始めるほど年収アップあり)
3.ホワイトな大企業でも大募集中(ワークライフバランス良し)

デメリット
1.企業的な価値観がないと心苦しい(金の切れ目が縁の切れ目)
2.実績が目に見えないことが多い(予防なので、数字で見えてくる)
3.メンタルヘルス扱う関係で恨まれ、訴訟のリスクがある

産業医資格を取る方法
2017年5月現在のところ、
産業医になるには大きく3つの方法*があります。
1:日本医師会の講習を受けてなる方法(更新制のため講習を受け続ける必要あり)。

2:福岡県にある産業医科大学に入学するという方法(更新不要)。

3:福岡県にある産業医科大学に短期入学(約1ヶ月)して講習を受けてなる方法(更新不要)。


現役でやっている産業医の先生の数で言うと1が一番多いですが、専属産業医という点でいくと、
おそらく2つ目が一番多くて、次が1つ目でしょうか。3つ目の私はレアキャラですね。
2007年の国の調査では産業医資格を持っている医師は約7万人だそうです。

*細かく言うと厚労省の出している4つの方法があります。
参考リンク(pdfです)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000103897.pdf


<収入に関しては…>
専属産業医としてやっても、嘱託産業医としてやっても一般的な臨床やっている医師と比べても遜色はありません。
大企業が求人を出しているのもあり、魅力的な福利厚生があったりするのも良いところです。
また残業などは基本的には発生しないので、時給換算したらかなり良い方だと思います。
収入に関しては細かくはご自身で検索してみてください。
有名な医師求人あっせんサイトで簡単に見つかります。

質問などありましたら、気軽にメッセージorコメントください。  


Posted by けんこ  at 10:41Comments(0)産業医という生き方

2017年03月30日

就活に活かせる!これで健康マスター

第1回、健康マスター検定のエキスパートに合格しました。

産業医が落ちてたらシャレにならんな、とかなりの緊張感で臨みましたが、いちおう合格できました。

第1回、みなさん過去問がない中で挑んだわけですが、エキスパートの合格率は90%超え!!

本職の私も順位でいうと、2421人中933位というほぼ真ん中…。

まだまだ勉強が足りませんね。これからも日々精進していきます!(満点取るまで受け続けようかな…笑)


健康マスター検定は非常によくできたテキストと、関係団体なので、これからの時代の就活や健康管理に大変有用なので、興味がある方は気軽にご連絡ください。

まだ発売されていない過去問を教えたりいたしますよ。




  

Posted by けんこ  at 06:53Comments(2)街中の「いろいりょ医療」

2017年02月19日

花粉症の人に朗報 今日から節約♪



今年からはじまった、 セルフメディケーション税控除!

持病のある人たちは要注目です。
とりあえず、レシートをしっかりとっておきましょう。

人によっては年間2万円とか得することになるようです。

詳しくはこちら
日本一般用医薬品連合会さんのセルフメディケーション税制
http://www.jfsmi.jp/lp/tax/


我々も知らないことがありますが、素朴な疑問ありましたら専門家に尋ねてみますので、
気軽にコメントくださいませ。

代表 忽那  


Posted by けんこ  at 22:57Comments(0)街中の「いろいりょ医療」

2017年01月20日

骨折を早く治す方法。〜2時間半待たされた〜



本日はスノーボードに行きました。

こけました。

胸を強く打ちました。

痛かったけどその後も3時間は滑りました。

帰りに整形外科に行きました。

受付しました。

待ちました。

携帯をいじりました。

待ちました。

大相撲の中継を見つつ待ちました。

診察室に入りました。

30秒話しました。

待ちました。

レントゲンを撮りました。

待ちました。

診察室に入りました。



肋骨が折れてました。

待ちました。

会計しました。

お薬を取りに行きました。

と、かなり長い長い1日でした。

そして本題。

「骨折 早く治す方法」とネット検索したところ…

怪しげな情報がたくさん。
中には「3倍早く治す方法!」と謳うサイトも。

皆さんは信じますか??

なんとか大学の研究で…
とか書かれていたら信じてしまいますよね。

そこで必殺技を紹介します!
名付けて「もしスタ」

もしこれが真実なら、世界の医療のスタンダードになってるんじゃないかなぁ〜???

って考える技です。

この技が使えれば、ちゃんと怪しいものは怪しいと考えられるはずです。

ぜひ2017年はこの技を使って、たくさんある間違った健康情報に振り回されずに生きてください。

では、みなさまはご安全に!


とはいえ人情。骨折が早く治るようにと、かぶの葉を使った野菜ポタージュラーメンを食べて帰路につきました。

代表 忽那  


2017年01月02日

謹賀新年 2017年ゆくとしくるとし

あけましておめでとうございます。

気兼ねなくそう言える1年を過ごせるありがたみを感じております、
実家の土浦市で過ごす代表の忽那です。

2016年の振り返り
労働衛生コンサルタント合格
産業医として2社で勤務(産業医経験2年)
京都市内中京区および下京区で市民向け健康教室開催(のべ約50名が参加)
*下京区区民が主役のまちづくり支援事業採択

2017年の予定
1月 スクエアステップ指導資格取得
2月 健康マスター検定 合格

京都市内での健康教室継続し健康教室のパッケージ化

といった感じでやっていきます。

健康リテラシーを高めよう!ということで活動をしてきているのですが、
健康マスター検定というまさにドンピシャな民間資格ができたようなので、これを活かした事業を展開していければと思っております。

健康マスター検定
https://kenken.or.jp/

うまく協力していければ、念願の茨城での健康教室開催も見えてくるかと思います。

健康教育に興味のある医療スタッフや市民の方がいらっしゃりましたら、ぜひ一緒に活動していきたいと思いますので、ご連絡・ご紹介ください。

それでは2017年もよろしくお願い申し上げます。

代表 忽那

新幹線から見えた、元日の富士山  

Posted by けんこ  at 11:25Comments(0)